≪シニア向け≫自宅以外でも英会話家庭教師を呼ぶ方法

最近、高齢者やシニア世代の中で英会話を趣味にしている方が増えています。

英会話スクールに通うのが難しい方でも、好きな場所に英会話家庭教師を派遣してもらいレッスンを受ける人もいるほど!

そこで今回はシニアの方向けに英会話家庭教師を活用して楽しく英語学習していく方法をご紹介します。

シニアの方に向いている勉強法や向いていない学習法なども一緒にお伝えするので、参考になれば幸いです。

シニアの方におすすめ趣味の一つ!

シニアに人気な趣味とは

シニア世代の方に人気の趣味として筆頭なのが「家庭菜園やガーデニング」です。

野菜やお花などの成長を見守るのは楽しいですし、自分で育てた野菜の美味しさは格別です。

 

またハイキングや山登りなど自然に触れながら体を動かす趣味も人気です。

他には楽器や合唱などの音楽を始めてみたり、絵画や写真、陶芸などの芸術の世界に浸ったりする方も少なくありません。

シニア向け英会話学習が人気!

上記したようにシニアに人気の趣味はたくさんありますが、その中でも近年「英会話学習」の人気が高まっているのです!

人気が高まっている理由は大きく3つあります。

①新しい学びがありボケ防止になる

お年を召してくると段々とボケや認知症予備軍など、心配に思う方は少なくありません。

しかし英会話学習を始めると普段使い慣れていない英語に触れることができ、脳が活性化してボケ防止につながります。

毎回新しい知識を身につけていていくこともできるので、知的好奇心も刺激されて若々しくいられますよ!

②楽しく会話できて充実する

シニア世代になると会社勤めも終わって交友関係が狭くなりがちです。

すると日常での会話も減ってしまい、なんだか寂しい気持ちになることも…

しかし英会話を始めるとレッスン仲間や講師と楽しく話すことができるので、日々が充実していきます。

地域の方を集めてサークルやクラブ活動の一環として行うこともできますし、お友達との絆や関係性もより一層深められますね。

③外国人とも会話できるようになる

英会話を習うことでもちろん英語を話せるようになるというのも人気の理由です。

最近では外国の方がどんどん日本に来ており、観光客や移住者が増えております。

昔よりも街中で外国人を目にするようになったという方も多いのではないでしょうか?

外国人に道を尋ねられた時などにサラリと答えることができると素敵ですよね。

シニア向き英語学習方法は?

個別講座

1つ目のシニアの方に向いている英語学習法は「個別講座」です。

個別講座は講師と1対1で授業を受けることができるので、自分のペースで学んでいくことができます。

集団でのレッスンの場合、周りの生徒の目が気になって質問できなかったり恥ずかしくて英語を話せなかったりする人も少なくありません。

しかし、個別講座なら分からない点はその場ですぐに聞けますし、他の生徒を意識せずに英会話に集中できます。

また苦手なポイントを集中的に教えてもらえるのもおすすめする理由です。

集団講座の場合、生徒全体の理解度やレベルに合わせて授業を進めるので、自分の分からない点を重点的に教えてもらうことは難しくありますが、個別講座なら繰り返し学習で間違いやすいところをしっかりと丁寧に指導してもらえます。

自分のペースでしっかりと学んでいける個別講座は、シニア世代におすすめの英語学習法の1つですね。

シニア限定講座

もう1つのシニア世代におすすめの英語学習法は「シニア限定講座」です。

シニア限定講座とは、シニア世代向けにプログラムや指導法が考えられた講座のことです。

例えば、一般的な日常英会話のテキストには色々なシーンの会話表現が掲載されており、登場人物は20代や30代が多いものです。

しかし、シニア限定講座ではシニア向けのテキストを使用するので、シニア世代が登場人物になっており、シニアが使いやすいシーンでの会話表現を学ぶことができます。

また、単純な座学ではなく軽く体を動かしたりなどのアクティビティも取り入れたりすることで、運動不足を解消しながら脳を活性化することもあります。

働き手世代向けの英会話学習ではあまり見られない指導法ですが、シニア世代にとっては非常に効果的な講座と言えますね。

シニア向きでない英語学習方法は?

集団講義形式

一方であまりシニアの方にお勧めできない英語学習法の1つが「集団講義形式」です。

幅広い年齢層の方が参加する英会話スクールなどでは学生やサラリーマンなどが多いため、なかなかクラスに馴染めないという話をよく聞きます。

同じクラスの仲間と仲良くなれないと段々とスクールへの足が遠のいていってしまい、最終的に英語学習を辞めてしまうことが多いです。

それに授業のスピードもクラス全体に合わせて進めていくので、シニアになってから改めて英語を学び始める方はついていけない可能性も高いです。

集団講義形式で辛い思いをするくらいなら、個別講座で自分のペースで楽しく英語学習するのをおすすめします。

オンライン講座

近年注目を集めている英語学習法に「オンライン講座」があります。

しかしオンライン講座はシニア世代の方にはあまりおすすめできません。

その理由は大きく2つあります。

①システムに慣れていないと利用が難しい

オンライン講座はネットのシステムを使ってレッスンを受講していきます。

しかしネットに不慣れな方の場合、うまく操作できなくて予約が取れなかったりなかなかレッスンが始まらなかったりと苦労することが少なくありません。

間違って高いプランに契約してしまったり不要なオプションを追加してしまったりとトラブルなる可能性もあるので、ネットに慣れていない方にはおすすめできません。

②ネット環境が悪いと音声が聞き取りづらい

オンライン講座はネット回線を通じて基本的に海外にいる外国人講師と英会話をします。

しかし自宅のネット回線が悪いと音声や映像がプツプツ途切れてしまい、なんと言っているのか聞き取れないことがあります。

ネット回線速度が速い家庭なら問題ないのですが、このような不具合もあるのであまりおすすめできないですね。

使いこなせると便利なオンライン講座ですが、シニア世代の方には不向きな場合も少なくありません。

シニアの方でも学びやすい英会話家庭教師

ここまでシニア世代におすすめの英語学習法や向いていない勉強法をご紹介してきましたが、特におすすめしたい学習法が「英会話家庭教師」です。

この章ではおすすめする理由や人気の家庭教師サービスを紹介します。

英会話家庭教師がおすすめな理由

シニア世代の英語学習に英会話家庭教師をおすすめする理由は、大きく3つあります。

①外出せずに自宅で受講可能

シニア世代になると足や腰が痛み外出するのが億劫になる方が少なくありません。

しかし英会話家庭教師ならお家まで来てレッスンを行ってくれるので、自宅から出なくても大丈夫です!

スクールまで通学する手間は不要ですし、通学時間も節約することができます。

②個別講座でマイペースに学べる

英会話家庭教師は自宅に呼んで1対1の個別指導をしてもらうことができます。

自分にあった学習プログラムを作成してもらい、自分のペースで楽しく英語学習に取り組めます。

苦手な点を集中的に指導してもらえますし、分からないところはすぐに講師に質問可能です。

③お友達と一緒にシニア講座も受けられる

英会話家庭教師は個別指導もできますが、地域のセンターや会議室などを借りてお友達を集めることで、一緒にシニア講座を受講することも可能です。

英会話家庭教師は生徒ごとに個別でレッスンを考えてくれるので、集団のシニア講座にも対応してくれるのです。

ですので、お友達と一緒に楽しく英語を学んでみたいという方にもおすすめできます。

 

英会話家庭教師は先ほどご紹介したシニア世代に向いている英語学習法の良さのどちらも取り入れている学習法です。

しかも自宅でも近所の集会所でも好きなところに来てくれるので、わざわざスクールまで通うよりも楽チンですね!

自宅以外も可!~英会話講師派遣のファイン~

英会話家庭教師を派遣してくれるサービスはたくさんありますが、ファインのサービスの魅力を3点に絞ってご紹介します。

①人数あたりの料金が安い

ファインの料金は1時間のレッスンを週1回〜で月額4万円〜の料金となっています。

1対1の個別講座としては1時間あたり1万円というのは相場通りなのですが、ファインは生徒が何人一緒に受講しても料金が変わらないのです!

例えば、お友達4人でシニア講座を開いてもらっても、4人で1万円です。

お仲間を増やせばその分だけ人数あたりの料金は安くなるので、クラブやサークルなどで英語学習を取り入れたい方にも人気です。

②講師が優秀で分かりやすい

ファインの講師は自身で英会話スクールを運営している方や勤務している方、小中学校の英語教師(ALT)として働いている方などが中心で、英語指導のプロフェッショナルが多く在籍しています。

生徒の希望するレッスンプログラムをオーダーメイドで考えてくれるので、分かりやすく実用的な英語学習が実現できます。

③派遣エリアが広い

ファインは47都道府県全てで講師を派遣してくれます。

他にも全国対応のサービスはありますが、ファインは県庁所在地だけではなく田舎のエリアや郊外でも派遣の相談に乗ってくれます。

お住いの地域で派遣できるかどうか、ファインを検討している方はぜひ一度確認してみることをおすすめします。

 

ファインでは契約を検討している方向けに無料体験レッスンを行っています。

実際にレッスンを受けてみることで講師の雰囲気や英語学習の楽しさなどが理解できます。

ですので、依頼しようか悩んでいる方は1回無料体験レッスンを受けてみてから決めるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

今回はシニア世代に向いている英語学習法やおすすめできない勉強法についてご紹介しました。

おさらいすると、おすすめできる英語学習法は「個別講座」「シニア限定講座」でおすすめできない学習法は「集団講義形式」「オンライン講座」です。

特に「英語家庭教師派遣」は外出が不要でおすすめの学習法です。

ファインなら全国どこでも優秀な講師を安い料金で派遣してくれるので、英会話講師の派遣サービスを検討している方は相談してみてはいかがでしょうか。

帰国子女の英語力維持ですべき学習方法とは?

海外で育った帰国子女が日本で生活し始めると、英語に触れる機会が減って英語力が低下してしまいます。

せっかく身についた英語力は日本でもなんとか維持したいものですよね。

そこで今回は、帰国子女が英語力を保つための学習方法をご紹介します。

「幼稚園〜小学生向け」と「中高生向け」に分けてお伝えするので、お子さんの年齢に合わせて適切な勉強法を選んでみてくださいね。

 

帰国子女が英語力維持するための学習方法

幼稚園生~小学生編

読書

子供たちには読書が好きな子も多く、年齢別にイラストが多い絵本から難しめの文章で書かれた小説などまで幅広い種類があります。

読書なら英語の勉強に加えて他の知識や素養を学ぶことができ、将来に渡って活かせる一般教養を身につけることも可能です。

子どもが好きそうな本を購入してあげるのも良いですが、子どもは興味の移り変わりが早いので買った本もすぐに飽きてしまう可能性があります。

そのため図書館をうまく活用してお得に読書をしながら、気に入った本は手元におけるように購入することをおすすめします。

手紙を書く

英語の勉強となると、文章を読んだり音声を聞いたりするインプット学習が中心になってしまいます。

しかし使える英語力を維持するためには、書いたり話したりする「アウトプット学習」が必要です。

そこでおすすめなのが、海外のお友達にお手紙を書くこと。

ただ単に英作文をするよりも手紙はお友達とのコミュニケーションになるので、「気持ちを伝えたい」「お友達の近況をもっと知りたい」と前向きな気持ちで楽しくライティングの勉強をすることができます。

海外のお友達との関係も続けることができるので、お子さんにとっても大切なお友達を失わずに済みますね。

アニメや映画を見る

実際に英語圏で使われている会話表現を楽しく学ぶには、アニメや映画を見ることもおすすめです。

教科書通りの英語表現ではなくスラングや実践的な会話法が使われるケースが多く、お子さんも海外で生活していた時に聞いていた英語を思い出しやすいです。

また幼稚園生や小学生などの小さなお子様にはディズニーアニメをおすすめします。

内容も入ってきやすいですし面白いので、何回でも繰り返しみたいという気持ちにさせてくれて自然と英語力の維持に繋がります。

いやいや勉強させてもお子さんのストレスになり英語が嫌いになってしまうので、とりわけお子さんが小さなうちは英語を楽しく勉強できる環境を整えてあげる方が重要と言えますね。

中高生編

英会話スクールに通う

中高生の場合は、実践的な英語表現を学べる英会話スクールに通わせることもおすすめです。

海外生活で身についている英会話スキルは使わなければ衰えてしまいます。

日本で生活していたのなら、英語を使う機会は滅多にありません。

やはりアウトプットは重要なので、英会話スクールに通わせることで英語を使う習慣づくりをしていきましょう。

洋楽や洋画で勉強する

中高生になると洋楽や洋画などのおしゃれなカルチャーにも興味が出てきます。

好きな曲が見つかれば、歌詞を見て覚えようとしたり英語で書かれた歌詞の意味を理解しようと勉強したりします。

また洋画を見ることで、海外生活の雰囲気や文化を忘れることなくネイティブの英語を聴きとる練習になります。

洋楽も洋画も趣味にしながら楽しく続けることができる勉強法なので、学校の勉強の息抜きとしても活用できます。

ストレスを感じにくい勉強法として、ぜひ取り入れていきたいですね。

スマホアプリを活用する

今の時代、スマホ一つで英語学習ができるアプリがたくさんリリースされています。

スマホアプリならいつでもどこでも英語の勉強ができるので、学校や部活、習い事で忙しい中高生でも勉強の時間を確保しやすいです。

英単語の暗記からリスニング、リーディング、ライティング、英会話練習まで、アプリで幅広い英語学習が可能です。

手軽に始められて無料or低価格なので、敷居が低いのも特徴です。

その反面辞めやすくもあるので、楽しく継続できるかが鍵になりますね。

帰国子女の英語力を測るためには?

実用英語技能検定

実用英語技能検定とは、「英検」という略称で親しまれている英語試験です。

試験は年3回実施され、5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級の7つの級に分かれています。

3級から上の級は二次試験に面接があり、英会話スキルも求められます。

小学生や中学生など小さなお子さんでも受験する機会があり、実際に5〜3級は中学生レベル、準2〜2級は高校生レベルの英語力で解ける問題が出題されます。

そのため学生のうちはそれぞれの学年に合わせた級の合格を目標に英語学習を頑張ることができます。

また大学入試としても英検を利用できる大学が増えており、英語試験の免除や加点など優遇されるケースがあります。

TOEIC(トーイック)

TOEIC(トーイック)はTest of English for International Communicationの頭文字をとったもので、アメリカのテスト開発機関が運営している英語試験です。

世界150カ国の約700万人が年間で受験している世界最大規模のテストです。

日本では年に3回の試験が実施され、約266万人が受験しています。

基本的にリスニングとリーディングのみの試験で、1日で完結する内容になっています。

大学の入試のほか、企業での就活や転職、昇進の際の評価基準の一つとしても採用されています。

そのため高校生から大学生、社会人の受験者が多い傾向にあります。

スコアの有効期限は2年間とされているため定期的な受験が必要ですが、将来の進路やキャリアを築くために早いうちから受験しておきTOEICテストに慣れておくのもおすすめできます。

TOEFL(トーフル)

TOEFL(トーフル)はTest of English as a Foreign Languageの頭文字をとったもので、英語を母国語としない人向けの英語試験です。

主にアメリカやカナダといった海外大学へ留学するために必要な英語力を証明するための試験として利用されています。

TOEFLは英語の「読む・話す・聞く・書く」といった4技能全てが求められる試験なので、英検やTOEICよりも総合的な英語力が必要とされます。

帰国子女の英語力を測るという意味でいうと、最も実用的な英語力を分析できると言えます。

また基本的にTOEFLは受験センターのパソコンを使って回答していく形式になっているので、パソコンに慣れておく必要もあります。

お金をかけてでも英語力を維持したい!

英会話教室に通う

英会話教室に通うためには月額で少なくとも10,000円ほどの費用はかかりますが、プロの講師から直接英語を指導してもらえるので、非常に効率よく英語力を維持させていくことができます。

ましてや講師は帰国子女よりも英語に精通している人が多いので、英語力の維持だけでなくさらなる成長も見込めます。

レッスン形式は大きく「グループ」と「マンツーマン」があります。

グループは同じレベルの生徒と一緒に指導を受けることができるので、帰国子女の友達を作ったり仲間の成長から刺激を受けて切磋琢磨できたりするメリットがあります。

マンツーマンは講師と1対1で指導を受けられるので、自分のペースで通ったり自分に必要な知識に特化して授業を受けられたりするメリットがあります。

オンライン英会話は実際どうなの?

オンライン英会話は英会話スクールに通うのと比べて、メリットとデメリットの両方あります。

オンライン英会話のメリット

  • 料金が安い

英会話スクールはアクセスが良くないと生徒を集めるのが難しいため、大きな駅の徒歩圏内にスクールを作ることが多いです。

するとかなりの家賃がかかってしまうため、その家賃分が生徒の料金として乗っかってきてしまいます。

しかしオンライン英会話は家賃がかからないので、その分料金を下げることが可能です。

そのためオンライン英会話では格安で英語レッスンを受講することができるのです。

  • 時間や場所に縛られない

英会話スクールはレッスンを受けるために教室に通う必要がありますし、基本的に開講時間は9:00〜22:00くらいです。

しかしオンライン英会話は自宅やカフェなど好きな場所でレッスンを受講できますし、24時間365日レッスンを受け付けているサービスもあります。

忙しくてなかなかレッスン時間を作れない方でも早朝や深夜に受講できますし、

通学時間がゼロなので時間を効率的に使うことが可能です。

  • 送り迎えの必要がなくお家で安心して見守れる

小さなお子さんを英会話スクールに通わせる場合、教室までの送り迎えが必要で親御さんも時間を取られてしまいます。

しかしオンライン英会話なら自宅でレッスンを受けさせることができるので、家事をしながら子どもを見守ることが可能です。

オンライン英会話のデメリット

  • 講師の質が低い場合がある

オンライン英会話の講師は人件費の安いフィリピン人や大学生が講師を務めていることがあります。

もちろんちゃんと研修を行っていればいいのですが、指導経験年数が長いプロ講師と比べるとどうしても劣っている点が見受けられます。

オンライン英会話の中には指導力に優れた講師もたくさんいるので、オンライン英会話を利用する際はどんな講師が在籍しているのかは確認するようにしましょう。

  • システムの使い方が難しいと不便

英会話スクールは教室に行けば授業を受けられます。

しかしオンライン英会話は予約システムで予約を取り、レッスン画面を開かなければレッスンを受講できません。

お子さんが小さいと一人でシステムを使えない可能性がありますし、機械が苦手な親御さんは使い方に悩むことも考えられます。

  • 通信環境が悪いと映像が途切れてしまう

お家のネット環境が悪いと、講師と繋いでいる映像にラグが生じたり途切れたりしてまともなレッスンが受けられない場合があります。

またお家の回線は良くても、講師側の回線が弱いと同様の問題が発生します。

もちろん問題があった場合はサポートセンターに相談することで対応してはくれますが、このようなデメリットがあることは頭に入れておきましょう。

 

 

結論としては、利用者の目的に応じてオンライン英会話を使うかどうか決めるべきだと思います。

いつでもどこでも安く英会話レッスンを受けたい場合はオンライン英会話がオススメですし、対面で質の高いレッスンを望む場合は英会話スクールを選ぶようにしましょう。

海外で身につけた英語力なら

実際に海外で生活する中で身につけた英語なら、やはり日本でも外国人のネイティブ講師から教わった方が英語力を維持しやすいです。

日本人講師と比べてネイティブ講師の方が発音が綺麗で、英語独特のリズムやイントネーション、表現を自然と行えます。

ただし一番重要なのは、生徒と講師の相性です。

いくら英語力が高く指導が上手な講師でも、生徒と相性が良くなければレッスンはつまらなく長続きしません。

そのため、まずは無料体験などでお子さんがレッスンを楽しめているのか、講師を気に入っているのかなどをヒアリングすることから始めてみましょう。

英会話講師派遣のファインなら

ファインは、1時間4,000円で英会話講師を好きな場所に派遣してくれるサービスを提供しています。

講師は日本人・外国人のどちらも選ぶことができますし、質は大手英会話スクールと遜色ありません。

実際に講師は小中学校の英語教師(ALT)として勤務していたり自身の英会話スクールを運営していたりするような人材です。

また自宅やカフェなど指定の場所に来てレッスンを行ってくれるので、通学不要でレッスンスケジュールも柔軟に組むことができます。

それにレッスンの受講人数に制限はないので、お友達を集めてみんなで一緒にレッスンを受けても1時間4,000円の料金に変わりはありません。

 

以上のことをまとめると、英会話講師ファインは「英会話スクールとオンライン英会話のいいとこ取りをしたサービス」だと言えます。

英会話スクール同様の質の高い対面レッスンを、オンライン英会話同様の格安料金で好きな場所で受講できる。

お子さんを英会話スクールに通わせよう、オンライン英会話を始めさせようと考えていた方は、第3の選択肢として「英会話講師の派遣」も検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は帰国子女が日本でも英語力を維持するための学習方法をご紹介してきました。

 

読書やアニメ、映画を観るといった「インプット学習」、手紙を書く、英会話スクールに通って英語を話す「アウトプット学習」

英語力を維持するためには、これら両方を実践していくことが重要です。

またアウトプット学習には、英会話スクール以外にもオンライン英会話や英語講師派遣などの選択肢もあるので、ぜひお子さんの状況にあった英語学習法を取り入れてみてくださいね。

海外赴任に向けて英会話学習をしよう!家族も一緒に学べるメソッド

海外赴任や海外出張が決まったら、必要になるのが「英会話」ですよね。
しかしこれまで英語の勉強をしてこなかった場合は、非常に不安になると思います。
そこで今回は、海外赴任前に短期間で効率よく英会話を身につける方法をご紹介します。
オススメの方法のメリットやデメリット、料金なども比較しているので、英語勉強法選びの参考になれば嬉しいです。

海外赴任先で英会話は必須!

海外赴任先で英語を話せるメリット

海外赴任する場合は、英会話は必須スキルです。
その理由やメリットは大きく3つあります。

①現地の人と円滑にコミュニケーションが取れる

海外赴任をする場合、現地の外国人とコミュニケーションを取ることが求められます。
やはり海外で仕事する場合も人間関係は重要で、信頼関係を築いていくためにコミュニケーションは不可欠です。
ビジネス英会話で自分の意思をしっかりと正確に伝えることはもちろんですが、日常英会話で同僚や取引先の人とフランクに話して仲良くなれると仕事がスムーズに進みますね。

②英語圏以外でも通じやすい

海外赴任としては、中国や韓国、東南アジアなど英語を母国語としていない地域に行く場合も考えられます。
しかし英語は世界での標準言語になっているので、英語圏以外でも通じやすいです。
中国語や韓国語などの現地の言葉を覚えるよりも英語を身につけた方が汎用性が高いので、今後様々な国に海外赴任することが考えられる場合は英語を学んでおくことをおすすめします。

③生活面でも危険やトラブルに遭う可能性が減る

海外赴任をする場合、現地で仕事するだけではなく生活することも求められます。
文化や価値観が異なる慣れない地で生活するためには、一定のコミュニケーション能力が求められます。
ぼったくりなどのトラブルや治安の悪い地域に近寄らないようにするためには、現地の信頼できる方から情報を教えてもらうことが重要です。
日本人なのを良いことにぼったくりや強盗などの危険な目に遭わないようにするために、ちゃんとした英語力を身につけておきましょう。

海外赴任前に英会話学びたいけども…

突然の決定事項で準備期間が少ない

海外赴任や海外出張はいきなり通達されることが少なくありません。
事前に余裕を持って伝えられていれば計画的に勉強できるものですが、出発まで時間のない場合は急を要します。
そういった場合は短期集中で英会話を身につけられる勉強法を選択しましょう。

苦手な勉強がなかなか進まない

学生時代から英語が苦手で、社会人になってからはさっぱり手をつけていないという方はたくさんいるでしょう。
特に義務教育で英語の読み書きはできるものの、英会話は全くできないという方は多いはずです。
英会話は実際に英語を使わないことには上達していかないので、対人でアウトプットできる勉強法を選ぶことをおすすめします。

最低限マスターして出国したい

海外赴任までに時間はあるものの、普段は仕事で忙しくプライベートの時間もあまりないというケースも多いです。
その場合は、完璧な英会話でなくともある程度のレベルは身につけておきたいと考える人が少なくありません。
ネイティブレベルの英会話をマスターしなくても、海外赴任では十分です。
このような場合は、続けやすく時間や料金のコスパを総合的に考えた勉強法を選びましょう。

海外赴任前に最適な英会話学習法

英会話レッスンを受講する

1つ目は、英会話スクールに通ってプロ講師から指導してもらう方法です。

英会話スクールに通うメリットは、大きく3点あります。

①対面式レッスンで実践的なコミュニケーション力が身につく

英会話スクールでは講師と対面してレッスンを行うため、表情やボディランゲージ、目線、声量、熱量などの英語以外のコミュニケーション技法を生で学ぶことができます。
英語は日本語よりも表現豊かに会話するので、英語独特の表現力を身につけておくことも重要です。
海外赴任で現地の人と仲良く会話するために、ぜひとも身につけておきたいスキルですね。

②講師のレベルが高い傾向にある

通学式の英会話スクールの講師は、TOEIC満点や英検1級などの英語力の高い日本人バイリンガル講師や英語指導資格を持っているネイティブ講師など、優秀な人材を多く採用していることが多いです。
採用試験も厳しく採用後も徹底した研修を行って、講師の品質を高いものに保っています。

③英語学習の相談をしたりカウンセリングを受けたりしやすい

レッスンが終わった後に講師に自宅での英語学習法の相談をしたりレッスンで分からなかった点の質問をしたりしやすいのもメリットです。
またスクールにカウンセラーが常駐していることも多く、講師には相談しづらい内容も丁寧に聞いてくれます。
初めての海外赴任で不安はたくさんあると思いますが、経験豊富な講師やカウンセラーに相談することで解決できるはずです。
それに対してオンライン英会話はレッスン時間が分刻みで決まっているため、レッスン終了後の質問や相談には柔軟に対応してくれない場合が多いです。

 

一方、英会話スクールに通うデメリットは、大きく3点あります。

①通学の時間や手間がもったいない

通学式の場合、仕事終わりや休みの日にわざわざスクールまで足を運ぶ必要があります。
時間がなく忙しい人からしたら、その時間や手間がもったいないと感じてしまうと思います。

②比較的料金が高い

スクールをアクセスの良い一等地に構えることが多く、その分高い家賃が毎月かかってしまいます。
その家賃分の費用が生徒の料金に乗っかります。
そのため通学式の英会話スクールで学ぶ場合は、料金が高い傾向にあります。

③3時間の都合がつけづらい

レッスンは予約することが多く、開講時間も朝早くや深夜は開いていないことが多いです。
そのため急な残業が入った時はキャンセルしなければなりませんし、仕事の時間が不規則な場合はスクールが開いていないことも考えられます。

オンライン英会話で学ぶ

2つ目は、オンライン英会話で学ぶ方法です。

オンライン英会話で学ぶメリットは、大きく3点あります。

①料金が安い

オンライン英会話はスクールを構えていないため、家賃分の料金を安くすることができます。
また人件費の安いフィリピン人を講師にしていることが多く、これもまた料金の安い理由です。

②時間や場所が自由

オンライン英会話はいつでもどこでも24時間受講できるものも多く、スケジュールに合わせて柔軟に続けていきやすいです。
忙しい社会人の方でも勉強時間の捻出がしやすく、大きなメリットに感じる人が多いです。

③講師を選びやすい

オンライン英会話の中には、世界各地の講師から好きな人を選べるものもあります。
自分の赴任先に住んでいる外国人講師を選べば、英会話の勉強だけでなく現地の情報も学べる可能性があります。
講師と仲良くなれば、現地を案内してくれるかもしれないですね。

 

一方、オンライン英会話で学ぶデメリットは、大きく3点あります。

①通信環境に影響される

オンライン英会話は、専用のシステムやSkypeなどのテレビ通話を使います。
もしも通信環境が悪い場合は音声や映像が途切れてしまい、うまくレッスンを受けられないこともあります。

②システムが使いづらいことがある

予約システムやビデオ通話の使い方が分からない場合、レッスンを始めるまでに手間取ってしまう人もいます。
感覚的に使えるシステムならいいのですが、オンライン英会話に入会する前にチェックすることをおすすめします。

③講師の質が低いことがある

オンライン英会話の中には、人件費の安い大学生やあまり教育していない外国人を講師にしているところもあります。
大学生講師はやはりプロ講師に比べて指導力に差がありますし、教育されていない外国人講師は英語ができても日本語を話せないこともあります。
分からない点を日本語で質問しても答えてくれないケースもあるので注意しましょう。

海外映画や教材で学ぶ(独学)

3つ目は、海外映画や自習用教材で独学する方法です。

独学で英会話を身につけるメリットは、大きく3点あります。

①好きな映画で楽しく学べる

英語の勉強は大変で辛く感じてしまう人が多いですが、好きな映画を見て英会話表現を学んでいけば楽しく勉強することができます。
洋画で実際に外国人が使っている英会話表現を学ぶことで、教科書的ではない実戦的な英会話フレーズを身につけることが可能です。

②お金がかからない・安い

AmazonプライムやNetflixに登録している方は、新たに映画を購入したりレンタルしたりすることなく視聴できます。
それに自習用教材も英会話スクールに通ったりオンライン英会話を始めたりするよりも安いです。

③自分のペースで勉強できる

独学なら講師に強制されることもないですしレッスン予約もないので、自分の好きな時間に好きな量だけ勉強していくことができます。

 

一方、独学で英会話を身につけるデメリットは、大きく3点あります。

①実戦経験を積みづらい

英会話は対人スキルになるので、独学ではなかなか実戦経験を積むことができません。
英会話フレーズを覚えたとしても、スラスラと口から出てくるかどうかは別問題です。

②効率が悪い

英会話を身につけるという目的達成手段としては、映画で学ぶのは最短距離とは言えません。
また自分で学ぶよりもプロから教えてもらう方が効率的なのも確かです。

③間違った勉強をしてしまう可能性がある

独学では教材選びを間違ってしまったり自分に合わない勉強法を選んでしまったりする可能性があります。
英語指導のプロに教わるわけではないので、自分で間違いに気づけず誤った方向に進んでいってしまうリスクは避けられません。

ビジネスマンにおすすめな英会話学習法は?

英会話講師派遣・英会話家庭教師がおすすめ

海外赴任をするビジネスマンは、英会話講師派遣サービスや英会話家庭教師サービスの利用がおすすめです。
英会話講師派遣サービスとは、個人で利用する場合、自宅や近くのカフェなど好きな場所に英会話講師を呼んでレッスンを行ってもらえるものです。
団体で利用する場合は、会社に呼ぶことで団体受講することもできます。

英会話講師派遣・英会話家庭教師のメリット

英会話講師派遣サービス・英会話家庭教師を利用するメリットを一言で言うと、「通学式とオンラインのいいとこ取り」です。

通学式同様のレベルの高い講師のレッスンを対面で受講できますし、自宅や最寄りのカフェに派遣することで通学の時間や手間を節約できます。
マンツーマンレッスンなのでレッスンスケジュールの融通がつけやすいのも嬉しいポイント。
このあと詳しくお伝えしますが、料金も比較的安いので非常にメリットの大きな英会話勉強法と言えます。

英会話講師派遣・英会話家庭教師のレッスン料

英会話講師を派遣するとなると、それなりの料金がかかってしまうのではと心配に思う方も少なくありません。
しかし相場としては60分3,000円と非常に安いのです。

通学式の英会話スクールのマンツーマンレッスンなら、60分6,000円〜10,000円ほど。
オンライン英会話なら、60分1,000円〜2,000円ほど。

派遣サービスなら、通学式と同程度の質のレッスンを安く受けることができるので、コスパで考えると非常に良いと言えます。

英会話講師派遣のファインなら家族も一緒に学べる!

人数無制限!大人も子供も同時に学習

英会話講師派遣のファインなら、講師1人につき何人でも一緒にレッスンを受講できます。
家族で一緒に受講するもよし、同僚と一緒に英会話を学ぶもよし。
他の派遣サービスでは生徒の数によって料金が増えてしまう場合もありますが、ファインなら人数が増えた分だけお得に受講できます。

全国どこでも講師派遣ができる!

英会話講師派遣サービスでは、首都圏や大きな都市にしか派遣できないとことも少なくありません。
しかしファインなら首都圏はもちろん、地方の県庁所在地から離れた町や村でも派遣の相談に乗ります。
詳しい情報や派遣内容は、お気軽にご相談ください。

まとめ

今回は海外赴任を控える方向けに、おすすめの英会話勉強法をご紹介しました。
特に「英会話講師派遣・英会話家庭教師サービス」は、他の英会話勉強法のメリットのいいとこ取りになっています。
安く高品質なレッスンを受講できるので、コスパ重視で考えている方におすすめです。
英会話をお得に学びたい方は、ぜひお気軽にご連絡ください。

英会話は出張レッスンがおすすめ?!忙しくても気軽に英語を学ぼう!

「仕事が忙しくてなかなか勉強の時間を確保できない…」

「自宅や職場の近くに英会話スクールがなくて通えない…」

英会話の勉強を始めたいけど、こうした理由で諦めてしまっている方は少なくありません。

そこでおすすめなのが「出張レッスン」です。

今回は講義型やオンライン型と出張レッスンの特徴を比較しながら、どのような人に出張レッスンが向いているかお伝えしていきます。

よくある英会話レッスン形式

 講義型

講義型とは、スクールでレッスンを受ける一般的な英会話教室です。

基本的にアクセスの良いハブ駅に教室を構えていることが多いですが、自宅や職場の近く、通勤経路上にスクールがないと通いにくいのが欠点です。

もちろん教室でレッスンを受けることで環境を変え、勉強に集中できるメリットはありますが、スクールまで通う通学時間をもったいないと感じる人もいます。

一般的に講師のレベルは高く、日本人講師も外国人講師、ネイティブ講師もそれぞれ在籍している場合が多いです。

スクールカウンセラーも常駐しており、英語学習や悩みの相談に乗ってくれるため、英語初心者の方でも安心して通える魅力もあります。

オンライン型

オンライン型は、スマホやパソコンを使ってアプリや動画、電話で英会話レッスンを受講できます。

基本的に好きな場所でレッスンを受けることができるため、英会話スクールに通う必要がありません。

またスクールの家賃がかからないため料金が安いことが多く、費用を抑えたい方に人気です。

ただし対面で指導を受けられないため、リアルでのコミュニケーションや温度感に不安が残る点がデメリットです。

講師は基本的にフィリピン人講師が担当する場合が多いです。

人件費の安い在住フィリピン人講師と在日日本人をオンラインで繋いで、料金を安くしている仕組みです。

フィリピン人は非ネイティブの中では高い英語力を持っていますが、日本語が不自由な人も少なくなく、レッスンで分からない点があった時に日本語で質問しても伝わらないこともあります。

日本人やネイティブがオンライン型で講師を担当する場合もありますが、やはり料金は高い傾向にあります。

時間がなくても学べる英会話の出張レッスンとは

 英会話出張レッスンとは

英会話の出張レッスンは、指定した場所に講師を派遣してもらいレッスンを受講できるものです。

個人で受講する場合は自宅やカフェなど、法人など団体で受講する場合は会社や会議室などに呼ぶことができます。

レッスン時間も指定できるため、生徒のスケジュールに合わせて柔軟にレッスンプランを組みやすいのもポイントです。

好きな時間と場所で対面式の質の高いレッスンを受講できることが、出張型英会話レッスンの特徴ですね。

英会話出張レッスンを活用できるシーン

 法人の研修や保育園の教育にも

法人での英語研修や保育園・幼稚園での英語教育など、複数人の団体で同時受講するシーンには、英会話の出張レッスンがおすすめです。

複数人が同じ教室に移動するよりも講師1人に来てもらった方が、総合的な交通費や時間がかからないためお得ですね。

また団体ごとに研修プランを考えてくれますし、曜日や時間を決めてレッスンをすることで定期的に英語学習を継続することもできます。

会社の福利厚生や園の魅力にもつながるので、英会話レッスンを導入したい方は出張型も検討してみてはいかがでしょうか。

自宅から英会話教室が遠い

個人で英会話レッスンを受けたいけれど、自宅や職場の近くに通いやすい英会話スクールがない場合、好きな場所に英会話講師を派遣するのもおすすめです。

自宅に出張してもらうことで通学時間を削減できますし、リラックスできる環境でレッスンを受講できます。

パーソナルエリアであるお家に講師を呼びたくない人は、近くのカフェなどに来てもらうことで問題を解決できます。

通学時間をなくすことができるので、仕事で忙しい社会人の方にも大きなメリットがあります。

帰宅時間に自宅に講師に来てもらうことで時間を効率的に使って英語学習ができますし、スクールに通う往復の通学時間がないので他の仕事や趣味、勉強に時間を充てられますね。

子供の送迎や通学をなくす

お子さんに英会話を学ばせたい親御さん目線で考えると、出張型英会話レッスンを使うことでお子さんを英会話スクールに送り迎えする手間や時間を無くすことができます。

講師をお家に派遣することで、近くでお子さんのレッスンの様子を見守りながら、掃除や洗濯などの家事を行うことも可能です。

お子さんの受講態度を見てみたいという親御さんも多いのですが、出張型なら問題ないですね。

他のレッスン形式と比べてどうなの?

 実力派講師が多い

出張型の英会話講師のレベルは高いことが多いです。

というのも、生徒さんの自宅や会社などのパーソナルエリアに訪問するため、指導力に加え人間としてのマナーも兼ね備えていなければならないからです。

生徒さんが楽しく気持ちよくレッスンを受講してもらえるように、目を配りながら指導に当たってくれます。

またオンライン型に多いのですが、人件費の安い学生がアルバイト講師を務めているケースがあります。

やはりプロ講師と比べると指導力には差がありますし、経験値や責任感も異なります。

もちろん料金は安いためお値段相応ではありますが、講師のレベルで考えると出張型をおすすめします。

対面指導だから学習が進む

出張型は対面でレッスンを行えるので、分からない点をすぐにその場で解説できます。

コミュニケーションの熱量も伝わりやすいですし、臨機応変な対応もできます。

一方でオンライン型はテレビ電話や音声通話を介してレッスンを行うので、レッスンの充実度は対面式には劣ります。

また通信回線によっては映像が途切れたり聞き取りづらかったりと、レッスンに支障が出る場合もあります。

もちろんオンラインならではの魅力はありますが、対面指導の方がより満足感のある指導を受けることができますね。

入会金不要or安くて気軽に受講できる

出張型の英会話レッスンは入会金が無料な場合が多く、初期費用が安くて気軽に始めやすいという特徴もあります。

それに対して講義型の英会話スクールは基本的に入会金がかかりますし、スクール運営費などが毎月かかるケースが少なくありません。

オンライン型は入会金があるところとないところがあり、レッスン料は出張型と同じくらいか安いところもあります。

以下にそれぞれの形式での初期費用相場とレッスン料金相場を比較してみました。

レッスン形式 初期費用相場 レッスン料金相場
出張型 0円〜5,000円 3,000円〜5,000円
講義型 20,000〜50,000円 6,000円〜10,000円
オンライン型 0円〜20,000円 1,000円〜3,000円
  • 初期費用は入会金と教材費の相場の合計です。
  • レッスン料金相場は比較しやすいように全て60分のマンツーマン料金で計算しています。

このように比較してみると、初期費用は家賃やシステム運営費がかからない出張型が安く、レッスン料金はオンライン型が安いことが分かります。

ただし出張型は講義型と同じく対面式の指導でこの料金相場なので、コスパで考えるといいと言えるかもしれません。

企業(法人)にとってはこんなメリットも!

さらなる事業展開に繋がる

企業や法人が英語研修を取り入れることで、今の事業を拡大できたり英語を使う他事業に展開していったりすることも可能になります。

2020年の東京オリンピックを迎え、日本にはますます多くの外国人が訪れるようになることが考えられます。

このタイミングで英語研修を導入することで既存事業の顧客を外国人にも拡大し、さらなる収益増加を狙えます。

またグローバル経済が進むことで新たなチャンスも生まれるため、英語ができる社員を増やすことで世界を視野に入れた事業展開も臨機応変に動けるようになります。

英語を学ぶことで社員の学習意欲や視野も増えるため、新たな事業アイディアや戦略も生まれるかもしれないですね。

社内外での業務効率化

また今後日本に移住する外国人が増えていくことも想定されます。

すると社員や取引先、下請け企業などで外国人と接する気概も増していくでしょう。

その際に英語ができれば円滑にコミュニケーションを取ることができます。

在日外国人にとって慣れない国で働くことは非常に大変なことです。

その中で日本人が英語を使って気さくにコミュニケーションを取ることができれば、きっと外国人の方達も楽しく心地よく働けるはずです。

そうすればあなたの会社の評判は上がり、さらに優秀な人材が集まったり取引際も増えて行ったりすることが考えられます。

素敵な会社を作っていくためにも、今後は外国人社員や取引先を想定した英語コミュニケーションの準備をしていくことが重要ですね。

英会話講師派遣のファインで出張レッスンを始めよう!

 ハイレベル講師による出張レッスンが可能

ファインの講師は、小中学校の英語教師(ALT)として働いている方や英会話スクール勤務、もしくは自身で運営している外国人が数多く在籍しています。

大手英会話スクールと比較しても遜色ない優秀な講師が、自宅や会社など好きなところに出張してくれます。

また派遣先は県庁所在地など大きな都市だけではなく、郊外など離れた地域でも対応可能です。

全国どこでも出張を受け付けているので、お住いの地域に出張英会話を検討している場合はぜひお気軽にご相談ください。

 教育施設や企業への派遣におすすめ

ファインの出張英会話は生徒の人数によって料金が変わらないため、大人数の団体受講の方が1人あたりの料金が安くなります。

ですので、会社での英語研修や保育園・幼稚園などの英会話レッスンなどでの派遣もおすすめです。

導入実績として、製造業や医療系、IT系、保険業界、マーケティング系など幅広い業界・職種に対応しています。

また派遣先の仕事内容に合わせたレッスンプログラムをオーダーメイドで作成するので、効果的なレッスンを受講できます。

レッスン内容から頻度、日時まで全てカスタマイズして提供しているので、業務の邪魔になることなく効率的に英語研修を進めていくことが可能です。

 こんな方々にご利用頂いております

■社内英語研修を週1回実施(製造業)

こちらの企業様は製造業をされていますが、近年の海外との取引の増加を受け、日本人スタッフの英語力の底上げを目的に英会話研修を導入されました。留学生など外国人の新入社員や海外支社から日本に研修にやってくる外国人スタッフなどとのコミュニケーションや英語での業務マニュアル作成などの効率化を図っていらっしゃいます。

  • 月2回の英会話レッスンに安定派遣(幼稚園)

こちらの幼稚園では、月に2回、外国人の先生を呼んで英会話レッスンを実施しています。当初は自社採用・募集をされていましたが、募集をかけてもなかなか集まらず、またせっかく採用できても急に帰国されてしまったり遅刻をしてきたりとお困りでした。講師に注意をしようにも日本語がわからないためコミュニケーションもうまくいかなかったようです。そこでファインにご依頼頂きまして、講師を継続・安定的に供給させて頂いています。

  • プレゼンテーション研修を週1回実施(法人)

医師や薬剤師などが多数所属するこちらの法人様では、学会などでの英語でのプレゼンテーションのスキルアップを目的とされ社内英語研修を導入されました。日常会話とは異なる点が多いプレゼンの場において英語でしっかり聴衆に伝えるということを目的に毎週一回外国人講師のトレーニングを受けて頂いています。

まとめ

今回は出張型英会話レッスンの魅力を、講義型やオンライン型と比較してみました。

出張レッスンは好きな場所と時間に質の高い対面式レッスンを受講できるので、講義型とオンライン型のいいとこ取りをしている英語学習法と言えます。

自宅で英会話を学びたい方や、英語研修を行いたい企業さん、英会話レッスンを始めたい保育園・幼稚園さんなどの利用が多いので、導入を検討している方はお気軽にご相談ください。

英語/英会話-家庭教師 自宅やカフェなど全国各地ですぐに上達

「好きな時間に好きな場所で英会話レッスンを受けられる」
「家に来てもらうことで通学や送り迎えの手間がかからない」
このような理由で英語の家庭教師の人気が高まっています。
今回はそんな英会話家庭教師を英会話スクールやオンライン英会話のメリットと比較して、どのような違いがあるかわかりやすくお伝えしていきます。

英語/英会話学習に家庭教師を選ぶ理由

場所や時間に縛られない

英語家庭教師はあなたが指定した時間と場所に来てくれるので、自分のスケジュールを優先してレッスンプランを組むことができます。
英会話スクールの教室だと緊張してしまう方でも、自宅ならリラックスして英語を話しやすいはずです。
自宅に来られるのが嫌な方は、近くのカフェでドリンクを飲みながら気楽にレッスンを受けることもできますね。

また時間の融通もつけやすいので、仕事が忙しい方でもスキマ時間を有効活用してレッスンを受講できます。
お子さんに英語を学ばせたい親御さんも、お家で家事をしている時間に家庭教師を呼ぶことで、お子さんを見ながら家事を進めて英語の勉強もさせることが可能です。

通学や送迎が不要

もしも英会話スクールが自宅から遠い、もしくは通勤途中ない場合は、通学に時間を取られてしまって、貴重なオフの時間を無駄にしてしまいますよね。
しかし英会話家庭教師なら、自宅に来てもらえるので面倒な通学をしなくて良いというのも人気の理由です。

またお子さんを英会話スクールに通わせる場合は、送り迎えもしなければいけません。
レッスンが終わるのを車で待っているのも、結構な時間がかかってしまい、家事や仕事など他にやらなければいけないことがあるにも関わらず、時間だけが過ぎ去ってしまいます。
しかし、この問題も英語家庭教師を自宅に呼ぶことで解決できるのです!

自分のペースで学習できる

英会話スクールやオンライン英会話で英語学習を始めると、プランがある程度決まっているので毎週○時からなどとレッスンのために固定の曜日と時間を空けなければいけなくなってしまいます。
仕事が忙しい社会人の方は急な残業が入る可能性もありますし、休みの日でもプライベートの用事が生じることもありますよね。

しかし英会話家庭教師を選べば、自分の好きな時間やペースでレッスンを受講できるので、固定の時間を空けておく必要はありません。
時間があるときはいつもよりも多めにレッスンを詰め込んでもいいですし、忙しい時にはレッスンの頻度を減らし、仕事に集中できます。

毎週決まった時間にレッスンがあると段々と強制感が出てきてしまい、最初は楽しかった英会話もイヤイヤ義務的に続けてしまう人もいます。
できるだけ楽しく英会話を続けるためには、自分のペースでレッスンを受けられる英会話家庭教師が魅力的ですね。

英語塾やオンライン英会話と比較すると?

英語塾・教室との違い

英会話家庭教師と英語塾・教室を比較した時の大きな違いは以下の3点です。

■ 料金

英会話スクールの料金相場は1時間あたり10,000円ほどなのに対し、英会話家庭教師の料金相場は1時間5,000円ほどと半額です。
この違いは、英会話スクールは講師をフルタイムで雇用しているのに対し、英会話家庭教師はレッスンがあるときだけ業務が発生する「業務委託契約」を結んでいるためです。

フルタイム雇用の場合はレッスンがない時間も給料が発生しているため、レッスン料金を高くしないと講師に相応の給料を払えません。
しかし英会話家庭教師はレッスンを行った分の給料だけを支払えばいいので、適切なレッスン料金に設定されています。

■ レッスンペース

先ほどもお伝えしたように、英会話スクールはプランでレッスンペースが決まっているのに対し、英会話家庭教師は自分のペースでレッスンを受講できます。
自分のスケジュールを自分で決めたい方は自由な英会話家庭教師を、ある程度の強制力を持ってレッスンを続けたい方は英会話スクールがおすすめかもしれません。

■ 通学

こちらも先ほどお伝えしたように、英会話スクールは教室に通わなければレッスンを受講できませんが、英語家庭教師は自宅に派遣してもらうことで通学不要になります。
普段と違う環境で気持ちを切り替えてレッスンを受けたい方は英会話スクールを、通学時間を削って効率よく英会話を学びたい方は英語家庭教師をおすすめします。

オンライン英会話との違い

オンライン英会話と英語家庭教師を比較した時の大きな違いは以下の3点です。

■ 料金

オンライン英会話の料金相場は1時間400円前後と非常に安いです。(毎日50分レッスンプラン:月額1万円前後)
これほどまでに安くできている理由には講師が人件費の安いフィリピン人が採用されているためです。
フィリピン人は英語ネイティブではありませんが、世界的に見ても英語力が高く、オンライン英会話の講師として英語を指導しているケースが多いです。
ただし日本語が流暢ではないので、英語初心者がオンライン英会話でわからない点を日本語で質問するのが難しい点が懸念されます。

しかし英語家庭教師なら、オンライン英会話よりは高くなりますが日本語でわかりやすく説明してくれるので、英語が苦手な方や基礎からしっかりと学びたい方でも安心です。
格安で英語を学びたい方はオンライン英会話、英語初心者の方は英会話家庭教師をおすすめします。

■ リアル感

オンライン英会話はスカイプなどのビデオ通話をつないでレッスンを行うのに対し、英会話家庭教師は対面でレッスンを行います。
ビデオ通話の技術が進歩しているとはいえ、やはりコミュニケーションの質は対面には敵いません。
接している人の温度や空気感、表情などは対面の方が感じ取りやすいですよね。

またオンライン英会話はシステムの設定などを行う必要があり、機械が苦手な方は迷ってしまうことも少なくありません。
不自由なく英会話レッスンに集中したい方は、英語家庭教師がおすすめです。

■ レッスンペース

こちらも先ほどお伝えしたように、オンライン英会話のプランは毎日受講などといったようにレッスンペースが決まっているのに対し、英会話家庭教師なら自分の好きなペースで受講可能です。
ただしオンライン英会話の中でも自分のスケジュールに合わせてレッスンプランを決められるところもあります。

英語/英会話家庭教師の料金相場は?

英語家庭教師の料金相場は1時間5,000円ほどです。
それに対して英会話スクールは1時間10,000円ほど、オンライン英会話は月額10,000円ほどで受講できます。
料金面で比較するとオンライン英会話が安くはなりますが、それぞれの学習法を比較した際にメリット・デメリットがあるので、料金だけではなく総合的に考えることが重要ですね。

英会話家庭教師のファインが選ばれるワケ

全国どこでも家庭教師を派遣

ファインでは全国47都道府県すべてに英会話講師を派遣することができます。
他の英会話講師派遣サービスでは全国全てまかなえていないところが多いですし、都市部だけの派遣に限定している場合もあります。
しかしファインは県庁所在地以外の町にも講師の派遣ができます。
車で1時間ほどかかる郊外でも派遣可能なので、近くに英会話スクールがなくて通学が大変という方も安心です。

参加人数無制限

ファインならレッスンの参加人数に関わらず、何名でも受講料金は変わらず、個人への派遣なら1時間3,000円、法人や幼稚園、保育園の派遣なら1時間5,000円でご提供しております。

例えば、友人二人と一緒にレッスンを受けた場合、一人あたり1,500円で受講できていることになります。
また団体に家庭教師を派遣する場合は、参加人数によって料金を増やす業者もありますが、ファインなら固定料金なので安心していただけます。

女性講師の在籍多数

特に女性の方は自宅に英会話家庭教師を派遣するのは不安に感じるかと思います。
しかしファインなら女性講師が多数在籍しており、女性の生徒さんには女性の講師を優先的に派遣することも可能ですので、同性の講師を選んでいただくことで安心して受講していただくことができます。

受講者様の声

■「私が一番必死だったので、あっという間の90分」

本日、1st Lessonを無事終えましたので、ご報告させていただきます。私が一番必死だったので、あっという間の90分でした。片言にもならないくらいの英語力なので、先生もさぞかし驚いたことと思います。先生もとまどいながらも、どうにかしてくれて助かりました。明るい方なので、子供たちも興味津々で「楽しかった」と言っておりました。それが一番です☆私ではうまく伝えられないので、今一度、説明をお願いしたいのですが、お勉強英語ではなく、外国の一般家庭の日常生活で使っている会話をレッスンして下さい。今日は、自己紹介的なものや、おやつを食べながら食べ物の話とかをしましたが、そういう感じでいいです。簡単な英語を使いながらゲームをしてもいいですし、リトミックみたいなことをしてもいいです。ただ、我が家にある物では限りがあるので(英語のCDとか本)、先生にも持ってきていただけると嬉しいです。次回のレッスンは、来週の月曜日か水曜日になりました。いい講師をご紹介いただきありがごとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。先生によろしくお伝え下さい。

■「素敵な先生をご紹介いただきまして」

本日先生の初レッスンでした。子供たちもとても楽しくレッスンを受けることができ、とても素敵な先生をご紹介いただきましてお礼申し上げます。曜日変更に関しては、来週より月曜日17:00~18:30で先生とも再確認をいたしました。取り急ぎ、先生ご紹介の御礼と来週からの曜日変更の再確認が済みましたことをご報告申し上げます。今後ともどうぞよろしくお願いします。

■「次回からのレッスンが楽しみです。」

昨日は子供たちも緊張していたようですが、先生がゆっくりと答えやすいような質問をしてくださり、アメリカのご自宅やご兄弟の画像を見せてくださったおかげで、少しずつ距離を縮めていけたようです。次回からのレッスンが楽しみです。貴社にお願いしてよかったと思っております。

■ 「先生は、陽気でとても素敵な方でした。」

本日10時半過ぎから13時10分過ぎまで、楽しくレッスンを受けました。先生は、陽気でとても素敵な方でした。来年休暇から帰られましたら、またお目にかかりレッスンを受けたいと思います。良い講師の方をご紹介いただき、ありがとうございました。

■「先生はとても穏やかな方で子供に優しく」

無事に初回レッスンを迎えることが出来ました。先生はとても穏やかな方で子供に優しく、根気良くレッスンをしてくださいました。子供たちは大喜びで、とても楽しかった、次回が楽しみだ、と話しています。先生とは、来週の日曜日から通常レッスンでお願いします、とお話しています。メールのやり取りもスムーズで、英語に慣れない私でも安心してやりとりをさせていただいています。よい方をご紹介いただきありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします。

まとめ

今回は英語家庭教師が人気の理由や英会話スクール、オンライン英会話と比較した際の違いについてお伝えしました。
おさらいになりますが、英会話家庭教師が人気の理由は以下の3点です。

1. 場所や時間に縛られない
2. 通学や送迎が不要
3. 自分のペースで学習できる

英会話スクールやオンライン英会話と比較した場合でも、英会話家庭教師にメリットを感じていただけるのではないでしょうか。
ファインなら料金相場よりも安く、全国どこでも講師の方を派遣いたしますので、英語/英会話家庭教師を検討している方はぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。